常任指揮者

 

 

 

 

 

 

 

 ○永井 宏

 

国立音楽大学器楽学科(ピアノ専攻)卒業。同大学院修了。石渡日出男氏、属澄江氏に師事。指揮を高階正光氏に師事。在学中に東京文化会館推薦音楽会に出席したのを皮切りに、ソロ、室内楽、ピアニスト、コレペティートルとして活動。オペラ・管弦楽・合唱の分野にわたる幅広いレパートリーを持つ指揮者として、内外各地に客演を重ねている。中でも、サヴァリッシュ、プロムシュテット、マズア、リリング、ヴィンシャーマン、小澤征爾をはじめとする世界的指揮者との音楽づくりを通して、日本人には珍しく、宗教音楽作品において特に造詣の深い指揮者のひとりである。2003年より、国立音楽大学合唱団のN響、読響、都響における合唱指揮を担当し、透明感と音楽性溢れる好演に、その手腕を高く評価されている。現在、国立音楽大学教授。